Read Article

【BIANCHI OLTRE XR4】インプレッション

昨年の発注から約半年・・・ついに念願のXR4が入荷してまいりました!

OLTRE XR4 DISC (53cm)

昨年、湘南で行われた販売店向けの試乗会(試乗会の様子はコチラ)から約半年、待ちに待ったOLTRE XR4 DISCの試乗車が遂に入荷しました!

というわけで、いつも練習会に参加していただくお客様をお誘いし、いつもの練習コースを走り、XR4の実力を試してまいりました。

BOMA TH-W35TLD (税込187,000円)

今回はBOMAからTH-W35TLDというカーボンホイールを組み合わせて試乗しました。
前後セット1570g、リムハイト35mmという扱いやすいスペックでチューブレスにも対応したホイールです。

ダークなロゴも様々な車体に合わせやすく今回のような派手なカラーのバイクにもマッチします。

 

こちらは試乗用ホイールですので、ホイールのアップグレードをお考えのディスクロードユーザーの方は是非一度ご試乗ください。
「カーボンホイールは決戦用」なんて考えはもう過去の物、今のカーボンホイールは常用できるくらい頑丈で、走りも軽くなります。

 

ZIIPP 303SやENVE Foundationシリーズ等、大手メーカーもコストパフォーマンスに優れたニューモデルを続々と発表しており、「ディスクブレーキはホイールの選択肢が~」なんて言えないほど選択肢が増えております。
ホイールのアップグレードの事は是非スタッフまでご相談ください!

 

普段練習に使っているコースだからこそわかる、OLTREの実力。

路面の荒れている滝野線ではCountervailが威力を発揮。
まるで工事現場のゴムマットの上を走っているかのようなシルキーな乗り味を提供してくれます。

また、電動・ディスクブレーキということもあり、ケーブル類はフル内装。
その効果は抜群でスピードがある程度乗っていればペダルを強く踏み込まなくても速度を維持できます。

 

滝野線に設置されているセグメントで出した過去のベストタイムは14分18秒なのですが、今回のタイムは約20秒落ちの14分37秒。
今季初の練習走行であることやラスト1km地点からタレてしまったにも関わらずこの記録・・・恐るべしOLTRE・・・

 

今回のディスクブレーキモデルはリムブレーキバージョンに比べると漕ぎだしの軽さでは劣りますが、大径化されたヘッドパーツも相まって安定性は抜群。
Countervailのおかげで体にかかる負担も低減されるためレースユーザーのみならずロングライド派の方にもオススメしたい一台です。

滝野へのライド後は清田方面へ抜け、自然満喫倶楽部さんでスイーツタイム
今年も苺の美味しい季節がやってきました(∩´∀`)∩

滝野へ練習しに行かれる方は是非自然満喫倶楽部のパフェを食べてみてくださいね!(*‘ω‘ *)

例年より早い1月に19-20シーズンのシクロクロスを終え、それから3か月程度オフシーズンを送っていた私にGARMINは無情にも現実を教えてくれました…
以前はPWR4.3倍くらいだったのですが…鍛えなおさなければいけませんね( ˘ω˘)

 

お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました!

 

今回ご紹介したOLTRE XR4は受注受付中!XR3であれば店頭に在庫がございますのですぐにお渡しが可能です。
次の一台に乗り換える時は是非BIANCHIも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

個人的にはやはりXR4のディスクブレーキがオススメ!
ディスクブレーキの為にカーボンの積層を設計しなおしているだけあって軽さ・空力・剛性のバランスが最高です。

 

以上スタッフ木村がお送りいたしました。

Return Top