Read Article

fizik R1 試着キャンペーン(6/14まで)

現在、fizikシューズ(R1)のキャンペーンを行っております。

https://www.riogrande.co.jp/news/node/74302

こちらに連動して、店頭にて試着キャンペーンを行っております。(6/14(日)まで)
INFINITO R1 各サイズ(37~45※ハーフサイズあり 17足)
INFINITO R1 KNIT 各サイズ(37~45※ハーフサイズ無 9足)
VENTO R2 POWER STRAP AEROWEAVE (42 1足)

店頭にてサイズを確認して、ぜひご利用いただけますようお願いします。
※サイズを確認していただいて、他モデルをご検討いただいてもokです。

・・・・で、早速試着試乗してきました。

(事前情報)
試乗ライダーは50歳を超えたおっさん(体重90kg越え)です。今年もまともにロードに乗ったのが3回目です。
本格的な競技者目線では決してございませんので、予めご了承ください。(初めてのロードシューズを買われる方へのアドバイスと捉えて下さい)
INFONITO R1(携帯写真の為、ブレています。スミマセン)
通常シマノシューズ(SH-RP9)だと41.5(ワイド)を履いておりますが、R1だと若干大きく41を履きました。
片側254g(実測値)の圧倒的軽量シューズは、ペダリングの抵抗(※1)も無く快適にペダリングできます。
(※1)シューズの重さもペダリングの抵抗になります(軽い靴と重い靴でどちらが楽にランニングできるかをイメージしてください。ペダリングは常に足を上下運動させています)

また、土踏まず近辺から全体にかけて包み込まれるような履き心地(∞ INFINITOデザイン)はとても快適です。

軽量高剛性のカーボンソールは無駄なくペダリング入力を推進力に変えてくれます(※2)
(※2)自転車用シューズはどれも固めのソールを使用しておりますが、初心者用ソール(FIZIKならR5,SHIMANOならRP3)と使い比べた場合、明らかに違いが出ます。初心者用ソールは固めとは言っても、それなりにしなり感があります。このしなり感はペダリング力のロスにも繋がります。ナカムラの個人的感想ですが、初心者でも用途によっては、上位モデルのシューズを使用されることをおすすめします。(デメリットは振動をより身体に伝える為、膝などの故障に繋がる危険性もあります(あと価格が高い・・・)。最終判断はスタッフとご相談ください)

上下2か所のBOAダイヤルが足首部のホールドと足の甲及びつま先にかけてのホールドを別々に調整してくれます。(※3)
(※3)足首部のBOAはできるだけしっかり締めて効率よくペダリングします。足の甲部のBOAは若干緩めにホールドすることで、つま先の痛みなどを軽減することが出来ます。ナカムラは締め込むのが好きで、ガッツリ締め込みます。

シマノのワイドシューズに比べると、つま先部で窮屈感がありますが、人それぞれ足の形が違う為、ぜひ店頭にて確認をお願いできればと思います。

INFINITO R1 KNIT(こちらも携帯写真でブレブレですね)
走行途中からこちらに履き替え。片側276g(実測値)は若干の重さの違いを感じます(ほんのちょっとですが・・)。ニットですので通気性があり、夏のロングライドには快適感をもたらしてくれます。
足のホールド感は土踏まず~足の甲にかけてのBOAの締め込みで確保されていて、他の部位をニットで構成することで、より圧迫感が無くなり快適に走行することが出来ます。

ナカムラの好みとして、カッチリ好みのINFINITO R1です。ロングライド向きにはINFINITO R1 KNITをおすすめします。

使用したバイク
GIANT PROPEL ADVANCED SL (GIANT JAPAN 30th anv MODEL)
ロードに35年くらい乗っていて、昔はチューブラーで700X19C、タイヤ圧は10BARとか言っていたのに・・・
チューブレスタイヤで700X25C、タイヤ圧は6BARですって・・・機材の進化についていくのがやっとです(涙)。
でも、快適ですね!

FIZIKのシューズ。よろしくお願い致します!(ナカムラ)

Return Top